痛風の治療には食事を改める必要があります

笑顔の男性

プリン体の摂取

食卓

高尿酸血症の状況が長い間継続すると、血に溶けなかった尿酸は結晶になり代わって関節に付着し痛風に結び付きます。ですから、食事をする上で、痛風の原因の一つといわれているプリン体の摂取方法は重要になります。

More Detail

一般的な治療法

食卓

毎日の食生活で改善する

痛風になると、体の中にたまった尿酸が結晶になって関節炎を伴う症状が起こります。尿酸値が上がって起こる病気です。痛みは耐えがたいほどの痛みで発作的に起こります。20歳以上の男性に起こりやすい病気です。尿酸値が上がるのは、食生活が大きく関係しています。痛風を治療するには、食事療法が一般的です。痛風に良い食べ物と悪い食べ物があり、また尿酸値を下げる食べ物もあるので、しっかりと理解した上で毎日の食事に取り入れることが大切です。痛風治療は、毎日の食事を見直すことで必ず改善される病気です。医師と相談しながらストレスをため込まないように注意して、無理のないように規則的な食事を続けましょう。ストレスになると逆効果で、尿酸値は上がってしまうので注意しましょう。

プリン体に注意が必要

一般的に痛風に良いとされる食品は、アルカリ性の食品で、わかめやヒジキ等の海藻類や、ほうれんそうやごぼうやにんじん等の野菜類や、ジャガイモや里芋等のイモ類、また果物も良いです。これらの食品は、尿をアルカリ性に傾けるので、積極的に食べると尿酸値が下がります。逆に痛風を悪化させる食品は、プリン体を多く含んだ食品です。尿酸を多く生み出してしまうため、痛風の原因になります。できるだけ毎日の食事から遠ざけるようにしましょう。またアルコールを取る時には、プリン体が多く含まれているビールには要注意です。最近はプリン体をカットされているものもありますが、尿酸を生み出すエタノールがお酒に含まれているため、できるだけアルコールは控えましょう。肉類のレバーや、魚の干物もプリン体を多く含んでいるので注意しましょう。

関節炎の発症予防

笑顔の男の人

痛風を防ぐには、プリン体を多く含む食品や飲料の摂取を控えてアルカリ性の食品を摂るように心がけることです。クエン酸やビタミンC、カリウム、葉酸は必須です。また、こまめな水分補給も尿酸を排出するために必要です。

More Detail

病気を未然に防ごう

男性

痛風と糖尿病はリンクしていますので、糖尿病にならないような健康的な生活を送ることが重要です。カロリーの高い食事をなるべく避けるとともに、軽い運動を積極的に行うようにしましょう。そうすることで、痛風の原因となる血糖値や尿酸値を下げることができます。

More Detail